FC2ブログ

脳内ヒスタミンを増やして ダイエットです。

NHKでも、やってました。
いかに、早く満腹になって食べる量を少なくする為には、
「脳内ヒスタミンを増やす」こと。

「過度の食欲」の原因の一つ
甘みや油脂、だしなど おいしい物を
食べると脳内で 「βエンドルフィン(快感物質)」が出ます。

「ストレス」 「睡眠不足」でも 食欲をアップさせる グレリンという ホルモンが増えるそうです。

グルメ情報や 香り、見た目、アルコールなど
現代人は「過度な食欲」を大きくさせるものに
囲まれています。

一方、食べ過ぎを抑えるには「意志の力」とよく言われますね。

おいしい物を食べたときの、脳の反応は
前頭前野(判断や意志決定をする部分)の活動が
下がります。

とても意志だけではおいしい物に打ち勝つことが
できないのです。

この環境の中で、脳内ヒスタミンを増やし、満腹になるには・・・・

「噛(か)むという行為」が脳の中だけで
ヒスタミンを増やせるのです。
(30回噛むのが良いそうです)
噛(か)んだ刺激が脳内の結節乳頭核という部分に届き、
ヒスタミンを量産させるのです。

そしてヒスタミンが満腹中枢を刺激することで、
満腹感が高まるという仕組みです。
脳内のヒスタミンは 内臓脂肪も
減少させます。
昔から「よく噛(か)みなさい」と言われてきましたが、
噛(か)むことには、直接満腹感を高めてくれるという
効果があります。


脳内でヒスタミンに変わる成分もあります。
その成分とは「ヒスチジン」。
アミノ酸の一種で、ヒスタミンの原料になります。
ヒスチジンは血液脳関門を通過することができ、
脳内でヒスタミンに変わるのです。

ヒスチジンが多く含まれている食材は、
まぐろ、かつお、ぶり、さば、さんま、などの
青魚です。


さて、今日のお料理は「マグロ」??「カツオ」???


プロフィール

高森 延子

高森 延子
ファーストビューティハウスの高森延子
です。エステの事、美容の事、グルメ
など女性が興味を持つ情報を発信していきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ファーストビューティーハウス
ファーストビューティーハウスホームページへ